カードローン借り換え・おまとめをおこなう上で、知っておきたいことが審査の基準ですよね。

借り換え審査でもっとも大切なポイントは、延滞記録がないことです。カードローン利用中に、1度でも延滞をしていると借り換え審査にかなり不利になります。たとえば、「返済日に振込するのを忘れてしまった」という故意ではない場合も同様です。

延滞情報がない人であれば、審査に通過する可能性は十分にあり得ます。そのほかにも、いくつか審査基準があるので参考にしてください。

カードローンの借り換え 審査の基準は?

 借り換えの説明

銀行や消費者金融は、具体的な審査基準を公表していません。なぜかというと、様々な情報をもとに総合的な判断がなされるからです。そのため審査項目は複数あります。その中でも代表的なカードローン審査基準をまとめました。

延滞記録がない

冒頭でも説明があるように、延滞記録があるとカードローン借り換えをする時にとても不利になります。なぜなら、カードローン会社は利用者の情報をすべて共有しているからです。現在、利用しているカードローン会社から、別のところに乗り換えをしても必ずバレてしまうので気をつけましょう。

ただし、この延滞記録は数年経過すると情報が削除されます。時効が経過して罪がなくなるように、カードローンも一定の期間が過ぎると延滞をなかったことにできるのです。その期間は最大5年といわれています。そのため、延滞から5年以降であればカードローン審査に通過する可能性はありますが、5年未満の場合は審カードローン査に通過するのが難しいかもしれません。

しかし、あくまで「最大」なので4年で延滞情報が消えることもあります。延滞から5年が経過していない場合でも、まずは借り換え審査を受けてみて落ちてしまったら、また数ヶ月空けて再審査を受けてみるのがいいでしょう。

虚偽の申告をしていない

カードローンを申し込みする際に、「虚偽=ウソ」の申告をすると法的に違法になり、即審査で落とされます。たとえば、他社からの借入金額が本当であれば200万円のところを、審査に有利にしたいという理由から130万円と申告すると審査に通過しません。

先にも説明したように、カードローン会社はすべての顧客情報を共有しています。虚偽の申告はすぐにばれてしまうので気をつけましょう。

同時申し込みをしない

複数の金融業者を同時に申し込みすると、カードローン審査に落ちやすくなります。なぜなら、金融業社が「貸付をしても返済できないだろう」このような判断を下すからです。

たとえば、友人Aがあなたにも、あなたの知り合いBにも、お金を貸して欲しいと頼んでいたとします。そうするとあなたは、「友人Aは本当にお金を返してくれるのだろうか」このように思うのではないでしょうか。では、その反対に、あなただけにお金を貸して欲しいと頼んでいたらどうでしょうか。後者のほうが信用できますよね。カードローン審査も同じで、信用できるか、できないかが必要不可欠です。そのため、早く借り換えをしたいからといって、複数の金融業社の審査を受けて保険をかけておくのは辞めましょう。

もちろん、申し込み情報もすべて金融業者は把握しています。いつ、どの金融業者で申し込みをしたか情報として記録されて、共有されているので同時に申し込みをおこなってはいけません。1社受けて審査に通らなかったら、別の金融業社へ申し込みをおこなうようにしましょう。

専業主婦は借り換え審査に通過するのが難しい?

銀行カードローンであれば、専業主婦の人でもカードローンを利用することができます。しかし、専業主婦の場合は、10〜50万円の利用限度額になる場合が多いです。ですから、50万円以上の借入をしている人が、借り換え・おまとめをするのは難しいかもしれません。

たとえば、50万円の借入をしている人が、より低金利で借入がおこなえる金融業社に乗り換えるとします。この場合、利用限度額が同じく50万円であれば、借り換えをおこなえる可能性が高いです。

しかし、複数の金融業社から80万円の借入をしている人が、1社に借入金をまとめると利用限度額の制限を超えてしまうので審査に通過しません。そのため、専業主婦の場合は各カードローン会社で決められている利用限度額に注意して借り換えをおこないましょう。